投資をする人で勝ち組になるには、まず株の銘柄選びがポイントとなりますし、株の買い時期なども儲けるための秘訣となります。また、株の売るタイミングも株投資の勝ち組となるポイントにもなります。

勝ち組になる投資家の秘訣とは

これから株式投資に取り組む人に株式投資で勝ち組になった人の共通点をお話します。従来は株式投資は富裕層が行なう金融商品であり、事業出資金を株券発行と引き換えに受け、事業者は資金調達、出資者は配当を得ることが目的としてあり、利ザヤを目的に売買される現在のような投資がメジャーになったのは随分後で、古くは17世紀ごろから株取引自体は存在しました。近年になって、株取引はトレードと横文字で言われるようになり、日計り売買として1日で売りと買いが建てられ、利ザヤを抜き取る透視かも多く、このような取引がされるようになったのは、インターネット証券という新たなスタイルが登場した2000年以降からどんどんと投資家を増やしました。1980年代までは、一般に広がりはなく、一部の富裕層が余力の資金で株に自己資金を投じ、株券の所有で企業に出資するという概念が強かったでしょう。高度成長期、長期保有で株価と配当は右肩上がり、さらに、増資にて株価が高くなれば企業の資産価値が上がり、お金持ちは一層資産を増やすこととなりました。中には、2000年以降のITバブルで、一獲千金したデイトレーダーもおり、成功者の中にはデイトレで成功した内容を書籍にする人も多いですが、デイトレで成功した人は全トレーダーの1%未満と言われ、同じ要領で投資をして失敗する例はざらにありました。投資に勝つ秘訣として十分な資金量です。投資は、その人その人に合ったスタイルで無理のない方法で行うのが好ましいです。現在、勝ち組として多くの株を所有する人でも、最初は少しの株保有で長期で保有し、インカムを得ながら株式を増やしている人が多いです。勝ち組の株主は、短期での利ザヤはあまり問題にせず、リスクの高い勝負を避ける傾向が見られます。持ち株を資産と考える人が多いでしょう。

勝ち組・負け組の投資家の違いと理由

投資において勝ち組と負け組との違いを分ける要因は様々ですが、一つ言えることはスタンスをはっきりさせておかないと負け組になりやすいことです。例えば、短期売買を基本として取引するのか、それとも長期投資を前提として保有し続けるのかで、取引のスタンスは異なります。どちらで取引をするのかを考えることは大事なことだと言えるでしょう。長期保有しようと決めたのなら、短期的な要因に左右されるべきではありません。上場廃止などの重要な部分については常にチェックしておかなければなりませんが、例えば一時的な業績の悪化による株価の下落であたふたするべきではないでしょう。しかし、短期売買の時にはこれは異なります。短期売買で高い利益を得ようと思えば、レバレッジをかけてリスクの高い取引を行う方が効率的だと判断するケースは多いでしょう。レバレッジをかければ期待できる利益は大きくなりますが、損失も大きくなるという点に注意が必要です。損失を拡大させないためには、価格が下落するとすぐに売却するというスタンスをとることは大事です。このように、投資のスタンスを明確にしておくことは、勝ち組になるために最も大事なことの一つだと考えられます。これは株式についてだけではなくて、ほかの投資対象についても言えることです。長期的に考えた場合にはポートフォリオを組むことになるでしょうが、そのポートフォリオを崩さずに取引していくことは大事なことですし、短期的な売買をするときには損切りを徹底することは大事です。短期売買でポートフォリオを組むと、逆にパフォーマンスが低下してしまうこともありますし、長期で考えているのに損切りばかりしていると資産形成が難しくなりますから、スタンスを決めておくことは大事です。

投資には株銘柄と売るタイミングの見極めが大事

投資を始めるとき「株式」をイメージする方がほとんどです。株を始めるために勉強をしていると難しく感じる方も多いのですが、大事なことはたった2つです。それは株銘柄と売るタイミングの見極めです。まず株の銘柄ですが、初心者が株を購入しようと考えると知らない会社の多さに驚くことが多々あります。興味のある分野から選んだり、株主優待に惹かれて決めたりと自分なりに調べてから買います。ある程度、株を保有したときに購入した銘柄のジャンルが分散されているか確認をしましょう。例えば原油価格が大幅に下落した場合、それによって損する会社 と得する会社があります。エネルギー系の会社は特に打撃を受けるでしょう。一方、自動車や重機を使うような会社にとっては必要な支出が減ることになります。このとき、エネルギー系にばかり投資していると損をするでしょう。しかし、分散して前者と後者に投資していると利益と損失が相殺できるかもしれません。このように株銘柄を選んだとき、リスクの分散ができているか確認しておきましょう。つぎに売るタイミングの見極めです。運用をしていると数分で値段が大きく変わることもあります。今まで高値だったのに目を離したら急落していることもあります。自分のなりに売る目安を決めておきましょう。元本をもとにどれぐらいの運用実績で投資をしたいのかを決めておくのです。これは損失もですが、利益についても決めておく必要があります。これを決めておくことで感情を極力入れずに投資ができます。資産運用をするとき、感情で失敗することがあります。ここまで値段が急に上がったのだから後少し待てばもっと儲けられるかもしれないと考えるのが人間です。この感情で売るタイミングを逃すことも少なくありません。ここまで利益を出せば満足、これ以上の損失は痛手になるという目安を決めておくことである意味機械的に感情に左右されない投資ができます。
■株初心者のための株入門サイト
株入門
■投資で失敗しないために
投資顧問の口コミ新着